一人暮らしのお風呂が寒い!寒さの原因や暖かくできる方法を紹介!

1人暮らしのお風呂が寒い!寒さの原因や暖かくできる方法を紹介! 健康

一人暮らしのお風呂って、寒いと思いませんか?

私は一人暮らしを始めて長いですが、実家にいた時と比べて自由な時間も増えて、とても快適に過ごしています。

しかし、外に出かけた後に帰ってくると部屋は電気がついていないので暗く、冬になると暖房機器がついていなくて寒いので少し寂しい気持ちになりますよね。

特に、気になることはお風呂が寒いことです。一人暮らしは自分だけしか入らないので、浴室が暖まる前に寒くて出てしまうことが多いと思います。

浴室を暖かくしてゆっくりと入れたら、より快適に過ごせそうですよね。

実は、お風呂の浴室が寒くなる原因は換気扇や窓にあるといわれています。

今回は、換気扇や窓の寒さ対策や浴室を暖かくする方法などを紹介していきます!

 

 

一人暮らしのお風呂が寒い原因は?

一人暮らしのお風呂が寒い原因は?

一人暮らしのお風呂は、寒いので入ることが面倒になってしまうことがありますよね。

一人暮らしのお風呂の浴室が寒い原因は、窓がついている場合は窓が原因といわれています。

窓がついていない場合でも、換気扇の使い方によって寒いと感じることがあります。

寒さは、不快感だけでなく身体に危険を及ぼす可能性があるんです。

「ヒートショック」という言葉をあなたは聞いたことがありますか?

ヒートショックって何?

「ヒートショック」とは、急激な温度の変化が身体に及ぼす影響のことで、入浴をする時に起こりやすいといわれています。

血圧が急に変動したり、脈拍がはやくなったりして、最悪の場合には死に結びついてしまいます。怖いですよね。

時々、暖かい場所から寒い場所に移動すると身震いが起こる時があると思います。実は、その身震いもヒートショックの一部なのです。

もしも、一人暮らしのお風呂に暖かく入ることができたら、お風呂の時間が安全に、そしていつもより楽しくなりそうです。

窓や換気扇に寒さ対策をすることができれば、暖かくできそうですよね。

さっそく、窓と換気扇に寒さ対策をする方法をみていきましょう。

 

窓にアルミシートと気泡緩衝材を取り付ける

窓に材質の違うものを取り付けて、窓から熱が逃げることを防ぐ方法です。

アルミシートや気泡緩衝材、いわゆるプチプチは比較的手に入りやすくてすぐに取り付けることができそうですね。

アルミシートがない場合には、アルミホイルで代用しても良いと思います。

見た目が気になる場合には、浴室の窓のサイズにあった撥水性のあるカーテンを取り付けることがおすすめです。

カーテンを取り付けることによって、おしゃれさも増して良いですね。

アルミシートと気泡緩衝材(プチプチ)を取り付けると、窓を開けることができなくなってしまいます。

一人暮らしなら、安全性を考えて開けないことも多いと思います。

しかし、換気をしたい時などに窓を開けるならこの方法は良くないかもしれません。

 

窓にプラスチックダンボールで内窓をつくる

浴室の窓の内側にもう一つ窓をつくり、暖かさを逃さない方法を紹介していきますね。

プラスチックダンボールとは、軽さと丈夫さを両立したプラスチック製の板材です。

真ん中に穴が開いているハーモニカのような中空構造になっていて、断熱性に優れています。

プラスチックダンボールの内窓は、簡単につくることができるので作り方をみていきましょう。

<材料>

  • プラスチックダンボール
  • 木の角材
  • プラスチック用のボンド
  • マスキングテープ

材料は家にある窓の大きさによって、買う量が変わってくると思うので、必ずサイズを測ってから買いに行くようにしてくださいね。

<手順>

  1. プラスチックダンボールを、窓のサイズに合わせてカッターナイフなどで切る
  2. 1のプラスチックダンボールのサイズに合わせて木の角材を切って木の枠をつくる
  3. 2の木枠を1のプラスチックダンボールで挟み、プラスチック用のボンドでくっつける
  4. 3のふちに怪我をしないようにマスキングテープをつける

どうですか?簡単に作れそうですよね。このプラスチックダンボールでつくる内窓は、付け外しをすることができます。

それなので、換気をしたい時などに内窓を取り外して、窓を開けて換気をすることができます。便利ですよね。

他の方法と比べると、作る手間がかかるので、少し面倒だと感じる場合もあるかもしれません。

 

換気扇を切る

単純な方法ですが、換気扇を切る方法です。日頃、カビや湿気の対策として換気扇を24時間かけていることもありますよね。

換気扇をつけたまま、お風呂に入ってしまうと濡れた身体に風が当たり、寒く感じやすくなってしまうのです。

また、換気扇をつけたままお風呂に入ると、暖かい空気が外に逃げてしまうので浴室が暖まらなくなります。

もったいないですよね。お風呂に入る時には、必ず換気扇を切るようにしましょう。

 

 

一人暮らしはお風呂に入らないと寒い

一人暮らしはお風呂に入らないと寒い

窓や換気扇に寒さ対策をすることも大切ですが、お風呂の入り方にも寒いと感じにくくなるポイントがあります。

お風呂に入る時にはお湯を溜めて湯船に浸かると、身体の芯から暖まり、寒さを感じにくくなります。

一人暮らしのお風呂はいつもどうやって入っていますか?

お風呂に入らないで、いつもシャワーで済ませているよ

ゆっくり湯船に浸かって入っているかな

冬は特に、お風呂に入らないでシャワーだけで済ませるよりも湯船にしっかりと浸かった方が暖まりますよね。

湯船に浸かることによって、いろんな効果を得ることができます。

  • 冷えた身体を温める
  • 肩や首の凝りを和らげる
  • 自律神経のバランスを整える

冷えた身体を暖めると聞くと、冬のイメージが強いと思います。実は、夏にもエアコンや冷たい飲み物の飲みすぎなどで、身体が冷えてしまっています。

それなので、どの季節にもお風呂に入らないではなく、しっかりと湯船に浸かることが大切です。

湯船に浸かることで血行が良くなり、副交感神経も優位になり、それによって首や肩の凝りが和らげたり、自律神経のバランスが整うことにも繋がっていきます。

一人暮らしだと仕事やバイトで遅く帰ってきて、湯船に浸かる時間が取れずにシャワーだけ浴びることもあると思います。

そんな時は、お湯を浴室の壁に全体的にかけてからシャワーを浴びることがおすすめです。

お湯をかけることによって、浴室の湿度や温度が高くなりいつもよりも暖かい状態でお風呂に入ることができます。

一人暮らしのお風呂に浴室暖房が設置されている場合には、必要なタイミングでつけてみても良いかもしれません。

 

 

一人暮らしのお風呂の着替え置き場が寒いなら?

一人暮らしのお風呂の着替え置き場が寒いなら?

一人暮らしでお風呂に入る時に浴室が寒いのはもちろんですが、着替え置き場も寒いですよね。

せっかく一人暮らしの浴室の窓や換気扇の寒さ対策をして、快適にお風呂に入れてもお風呂から出た後の着替え置き場が寒いと身体が冷えてしまいますよね。

暖かい浴室と寒い着替え置き場との気温の差で、ヒートショックも起こりやすくなり、危険です。

そのため、お風呂から出たあとの着替え置き場も暖かくすることが大切です。

気温の差が特に大きい冬などには、小型のヒーターを設置することがおすすめですよ。

一人暮らしの着替え置き場は比較的狭いことが多いと思うので、小型で十分暖められると思います!

今回は、全国に店舗数の多いFrancfrancと無印良品、ニトリの3社の小型のヒーターを比較していきたいと思います!

 

Francfrancのトルタファンヒーター

  • 価格:税込4480円
  • 商品番号:1109100012421
  • 商品サイズ【120×120×192㎜】
  • 重量:0.73㎏
  • 電気代目安:600wで1時間あたり約16円

持ち運びしやすいサイズ感で、在宅ワークや家以外でのデスクワークにも使うことができます。

いろんな場面で使うことができるのは、嬉しいですよね。

温風強弱の2段階設定や、送風モードなど細かな温度調整ができるので好みの温度に合わせることができます。

転倒すると、電源がオフになる機能もついているので安心ですね。

Francfrancらしい、カラフルな5色の展開になっています。もし、モノトーンが好きなら他の商品を考えた方が良いかもしれません。

 

無印良品の丸形ヒーター

  • 価格:税込15900円
  • 商品番号:MJ-RPH1
  • 商品サイズ【271×275×419㎜】
  • 重量:3.4㎏
  • 電気代目安:1000wで1時間あたり約19.88円

他の商品2つよりも、サイズが大きくてパワーも強いです。

円筒型のヒーターで、全方位を輻射熱で暖かくしてくれます。

安全性のためのヒーターガードを設置したい場合には、別売りしているのでチェックしてみてください。

強弱の2段階運転が選べるので、好みの暖かさに合わせられることも良いですよね。

重さがあるので、持ち運びはしにくいかもしれません。また、ファンの音が大きいという口コミもあるので、実際に店頭で確認した方が良いと思います。

 

ニトリの人感センサー付きミニファンヒーター

  • 価格:税込3490円
  • 商品番号:8301704
  • 商品サイズ【170×109×102㎜】
  • 重量:0.6㎏
  • 電気代目安:300wで1時間あたり約8.1円

人感センサーがついていて、人が近づくとヒーターがついて、離れると運転を停止してくれる横型のヒーターです。

消し忘れもなくて、安心ですよね。紹介している商品のなかで、一番軽くてサイズ感も小さいです。

転倒した時に電源がオフになる機能もついていて、多機能な商品ですね。

運転のモードは1段階しか設定できないので、細かく温度の調整をしたいなら、おすすめできません。

3社のヒーターは、大きさや電気代にも差があるため、あなたの着替え置き場の広さや置くためのスペースの広さをみて考えることも良いと思います!

 

 

まとめ

1人暮らし お風呂 寒い まとめ

  • 一人暮らしのお風呂が寒い原因は、窓と換気扇である
  • 一人暮らしのお風呂の寒さ対策には、窓にアルミシートと気泡緩衝材(プチプチ)をつける、窓にプラスチックダンボールで内窓をつくる、換気扇を切るなどがある
  • 一人暮らしのお風呂は湯船に浸かったり、シャワーを浴室の壁にかけてから入ることによって、寒いと感じにくくなる
  • 一人暮らしのお風呂の着替え置き場が寒いなら、Francfrancや無印良品、ニトリのヒーターがおすすめである

今回は、一人暮らしのお風呂の寒さ対策について紹介していきました。

この記事が、あなたの好みに合わせて快適な部屋作りをするための手助けになれたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました