ブランド名の決め方でハンドメイドショップの注目をより集めよう!

ブランド名の決め方でハンドメイドショップの注目をより集めよう! 暮らし

ハンドメイドショップの開設に、興味はありませんか?今は、ネットで簡単にショップを開設して自分が作った商品を売れる時代ですよね。

メルカリやミンネ、楽天ラクマなどいろんな種類のアプリもあります。自分に合ったアプリで、ハンドメイドショップの開設をすることができますね。

ハンドメイドショップの開設で、一番重要なのはやはりブランド名です。

ブランド名の決め方を間違ってしまうと、売れ行きが伸びづらくなってしまいます。

私も運営していましたが、覚えづらいブランド名にしてしまい、売り上げが良くなかったことがあります。あなたには、そんな思いをして欲しくありません。

今回は、ブランド名の決め方についてみていきます。ブランド名の決め方には、いくつかポイントがあるので、一つ一つ詳しく説明していきますね!

 

 

ブランド名の決め方でハンドメイドを売る!

ブランド名の決め方でハンドメイドを売る!

ハンドメイドショップを始めようとしても、何から手をつけていいか迷いますよね。

ブランド名は特にハンドメイドショップの入り口の部分なので、重要な部分です。

ブランド名は、一度決めると途中で変更することが難しかったり、大変だったりするので慎重に決めていきましょう!

ブランド名は絶対決めないといけないの?

ハンドメイドショップで、ノーブランドとして売り出す場合もありますが、大きな理由がない限りはブランド名はつけた方が良いです!

ブランド名の決め方が、ハンドメイドショップの売り上げに影響していきます。

ショップで売りだす商品の質にこだわることはもちろんですが、ブランド名も大切なんです!

ブランド名をしっかりとした決め方で決めることによって、自分のショップを覚えてもらいやすくなります。

この前買った商品良かったけれど、どこのかしら?

そんな時にブランド名を決めておくと、お客さんが簡単にショップにもう一度来てくれます!嬉しいですよね。

また、ブランド名をしっかりとした決め方で決めることによる利点がもう一つあります。

一度自分のショップで商品を買ってくれたお客さんから、口コミが広がりやすいことです。

「この前買ったショップすごい良かったよ!○○っていうブランド名の所よ。」などと、友達に言いやすいですよね。

ブランド名があると、そこからまた調べて商品を見に来てくれて…などの好循環に繋がっていきます。どんどんお客さんが増えていくことも夢じゃないですよ!

 

 

ブランド名の決め方にはポイントがある

ブランド名の決め方にはポイントがある

ブランド名の決め方をしっかりとすることが大切だと、分かりましたよね。

では、実際にブランド名の決め方にはいくつかポイントがあります。

  • 短くシンプルで覚えやすい
  • 呼びやすく聞き取りやすい
  • コンセプトやストーリー性がある
  • オリジナルな名前で他と違いがある
  • 商品の雰囲気にあったものにする

今回は、この5つのポイントを一つずつ詳しくみていこうと思います。

 

短くシンプルで覚えやすい

一つ目のポイントは、短く、シンプルで覚えやすいことです。ブランド名を決める時に、好きな言葉を何個か組み合わせてブランド名にするという決め方もあると思います。

そのような決め方をしてしまうと長く、複雑になりやすいです。

あなたの好きなものを組み合わせることも良いですが、覚えてもらいやすいブランド名にすることを優先しましょう!

言葉を二つほど組み合わせるようなブランド名だと、長くなりすぎずにシンプルにまとめられるかもしれません。

 

呼びやすく聞き取りやすい

二つ目のポイントは呼びやすく、聞き取りやすいことです。こちらは、口コミしてもらう時に役立ちそうですね。

呼びやすく、聞き取りやすいブランド名にすることで友達との雑談で言いやすいですよね。呼びやすさは、広めやすさと関係しています。

広めやすい名前だとお客さんの数も増えていきやすそうですよね。

一つ目のポイントと一緒ですが、難しい言葉を使いすぎずに聞きなじみのある言葉を選ぶようにしましょう。

 

コンセプトやストーリー性がある

三つ目のポイントは、コンセプトやストーリー性があることです。

お客さんは、ブランド名から、どうやってこのブランド名を付けたのか、このブランド名にはどのような思いが込められているのかを想像します。

そんな時にショップの紹介文などにコンセプトやストーリーが書いてあるとお客さんはワクワクしますよね。

それなので、しっかりとコンセプトやストーリーを加味したブランド名をつけるようにしましょう!きっと温かなファンがついてくれますよ。

ハンドメイドショップでは、よく買ってくれる固定のお客さんも多いですが、初めてショップを見に来てくれた新規のお客さんもいますよね。

そんな時には特に、コンセプトやストーリー性が大切になってくると思います。

私も実際にハンドメイドショップで商品を購入する時には、買いたい商品の説明以外の部分もみています。

作家さんのプロフィール文やブランド名のコンセプトやストーリー性、他の商品全体の雰囲気、口コミなどを参考にしています。

ハンドメイドショップを始めて余裕が出てきたら、ショップ全体の雰囲気を意識して運営をしてみることも良いかもしれませんね。

 

 

オリジナルな名前で他と違いがある

四つ目のポイントは、オリジナルな名前で他と違いがあることです。

ブランド名を考えたら、商標登録がされていないか確かめましょう!

商標登録されていたら、使うことができないので注意が必要です。

本格的にハンドメイドショップの運営をしようと思ったら、商標登録は早めにしておくことが大切ですよ。

 

商品の雰囲気に合ったものにする

最後の五つ目は、商品の雰囲気に合ったものにすることです。

ハンドメイドショップをする時には、自分の好みの商品や売り上げが見込めそうな商品を売り出しますよね。

その時には、やはりどのような雰囲気に揃えるかを考えるのではないですか?

例えば、レースやフリルをたくさん使った商品展開なのに、名前が和風や堅苦しさを感じるものだとお客さんに違和感を与えてしまいます。

そうなることは、避けたいですよね。商品の雰囲気と合うような名前を是非考えてみましょう!

これら五つのポイントを踏まえて、ブランド名を決めていきたいですね。

ブランド名を決めると自分のお店を作った、始まったという感覚になりやすいので、やる気もアップします。

ポイントを意識しながら、ブランド名を決めると自分のブランドへの愛着にも繋がりやすそうですね。

 

 

ブランド名の決め方は屋号にも応用できる

ブランド名の決め方は屋号にも応用できる

今回紹介したブランド名の決め方のポイントは、実は屋号にも応用できるんです!

屋号ってどういう意味なの?

屋号という言葉を初めて聞く場合もありますよね。なかなか聞き馴染みのない言葉です。屋号とは、個人事業の名前のことです。

ハンドメイドショップに関しては、ショップ名や作家名がこの屋号に当てはまります。法人だと、株式会社〇〇となることが多いと思います。

ハンドメイドショップは、個人で開設・運営する人が多いと思うので屋号が使われるんですよ!

ハンドメイドショップを始めたばかりだと、分からないことも多いかもしれません。一緒に少しずつ学んでいきましょう!

その屋号はブランド名の決め方と同じく、しっかりと考えて決める必要があります。

ブランド名の決め方のポイントを当てはめながら屋号を考えていきます。

ショップ名とブランド名を一緒にする作家さんも多くいるので、面倒なら一緒にしてしまいましょう!

作家の名前も全て一緒にする場合もあるようです。しかし、ブランド名やショップ名を作家名と別にすることで、特別感が生まれるので違う名前も良いかもしれませんよ!

屋号は必ずしも、考えなければならないものではありません。屋号は、次のような場面で必要になりますよ。

  • 請求書
  • 領収書
  • 開業届
  • 所得税の青色申告承認申請書
  • 確定申告
  • 口座開設

屋号を作らない場合には、個人名や空欄にして出すことができる書類もあります。

屋号を考えておくと、個人名などを使いたくない時でも安心ですね。

屋号を考える時に注意したいポイントは、会社のような名前にしないことです。

株式会社○○や、○○法人などの名前は、個人で運営しているショップでは使うことができません。法律で定められているので、注意しましょう!

 

 

まとめ

ブランド名 決め方 ハンドメイド

  • ブランド名の決め方がハンドメイドショップの売り上げに影響を与える
  • ブランド名をしっかりとした決め方で決めることによって、口コミが広がりやすい
  • ハンドメイドショップのブランド名の決め方のポイントには、短くシンプルで覚えやすい、呼びやすく聞きやすい、コンセプトやストーリー性があるなどがある
  • ハンドメイドショップのブランド名の決め方は、屋号にも応用することができる

ハンドメイドショップの運営を始める時は、不安も多いかもしれませんがワクワクする気持ちもありますよね。

今回の記事を読んでくれたあなたが、ハンドメイドショップの開設の良いスタートが切れることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました